商業売買取引の増加により、バトンルージュ東郡の売上高は4%増加

バトンルージュ東郡での商業売買取引は、前年比でほぼ4%増加し、先月の売上高は総額6億1,090万ドルに達しました。ここでは、Elifin Realtyが集計した最新データに基づいて、各セクターのパフォーマンスを紹介します。 マルチファミリー部門 この部門は最も成長しており、成約額の増加率は8.69%です。2月末時点の12ヶ月間の売上高は2億6,660万ドルで、1月末の売上高2億4,530万ドルと比べて増加しました。売上高の増加に加えて、総合的な売上も0.48%増加しました。マルチファミリー物件の成約速度も5.41%上昇しました。 小売部門 この部門では売上高が3.1%増加しました。先月末時点の12ヶ月間の売上高は1億7,400万ドルでした。 産業、オフィス、土地 これらのセクターはいずれも売上高が3%以上減少しました。オフィスの売上高は最も大きく減少し、4.89%減少し、8,250万ドルとなりました(前月は8,670万ドル)。成約速度も2.78%減少しました。 土地セクターでは、物件価値、取引額、成約速度が4%以上減少しました。特に成約速度は5.97%減少しました。 産業セクターの物件価値は最も大きく増加し、3.56%上昇しました。2月末時点の平均1平方フィート当たり価格は65.92ドルで、1月末の63.66ドルと比べて上昇しました。 記事の主要なトピックと情報に基づいて、以下にFAQセクションを提供します。 Q: バトンルージュ東郡の商業売買取引はどれくらい増加しましたか? A: バトンルージュ東郡の商業売買取引は前年比でほぼ4%増加しました。 Q: マルチファミリー部門の成約額はどれくらい増加しましたか? A: マルチファミリー部門の成約額は8.69%増加しました。 Q: 小売部門の売上高はどれくらい増加しましたか? A: 小売部門の売上高は3.1%増加しました。 Q: 産業、オフィス、土地セクターはどれくらいの減少を記録しましたか? A: 産業セクターの物件価値は3.56%増加しました。オフィスセクターの売上高は4.89%減少し、土地セクターの物件価値、取引額、成約速度は4%以上減少しました。 Q: マルチファミリー物件の成約速度は何%上昇しましたか? A:…

新しい展開:15番街E地区のビジネスコアの安定性に影響?

15番街E地区のビジネスコアの安定性のための重要な合意が、明らかに失敗したようです。 先月、レストランとその建物が売却されたことが発表された後、閉鎖されたCoastal Kitchenの木製パネルの上に大きな「売ります」の看板が掲げられました。 Sound Restaurant Family社は、MiopostoピザチェーンやThe Poodle Dogなどのサウスサウンドの会場を含む会社であり、Capitol Hill Coastalの土地を新オーナーシップに売却し、建物に新しいコンセプトをもたらす取引を有していることを、2月初旬にCHSが報じました。この建物は30年以上にわたりレストランとして使用されてきました。 その発表からはもう50日が経ちました。 Coastalは2月21日の最後の営業の後、閉店し、板で覆われました。その前日、この物件は再び市場に出され、250万ドルで売り出されました。「4,929平方フィートのフルサービスレストランとバーで、15番街Eのレストラン街で非常に魅力的な場所に位置し、素晴らしい道路の視界と操作可能な店舗があります」と掲示されています。 Sound Restaurant Familyとオーナーのダン・トウェテンとジョナサン・トウェテンは、Coastalの土地の運命に関するCHSの問い合わせに対しては応答していません。だれが土地の権利に関してもいかなる変更も行ったか、郡の記録にはありません。 取引が明らかに頓挫したことで、板で覆われたビジネスは15番街E地区の商業活動へのもう一つの動揺を加えています。この地区では大きな変化が待ち構えています。15番街を挟んで、キャピトル・ヒルの開発業者ハンターズ・キャピタルが、15番街Eの旧QFCブロックを新しいアパート、ビジネス、広場スペースに変える計画を進めています。Hunters Capitalがオールドヒルトップサービスステーションの跡地に建設予定のミックスユースプロジェクトが今年末に完成すると、QFCブロックプロジェクトの開始時期も動き出します。 これにより、馴染み深い顔が新しい場所に移動することになります。CHSはここで、ルーディーズがバーバーショップを通り向かいの新しいヒルトップ開発地区に移転する計画を報じています。 一方、Coastalでの取引の失敗は、いくつかの愛されたCapitol Hillのスペースを引き継ぐ新しいフード&ドリンクプロジェクトの波の中で異例のようです。CHSは、BroadwayのWitnessの代わりにGuillotineが登場する計画、昔のBroadway 8 Oz.バーガーバーの場所に206 Burgerが移動する計画、E PikeのHoneyHoleの新オーナーシップ、そして36年間Machiavelliが占めてきた角地の次のプロジェクト、Cheese Roomについても報じています。 古いCoastal Kitchenの次は何が起こるのでしょうか?2,500,000ドルを持ったバイヤーが現れるのを待つしかありません。 CHSのライターや写真家に報酬を支払って地域のニュースをカバーするために、CHSの購読者になりましょう。月額1ドル、5ドル、10ドルで購読者になることができます。 この記事では、15番街E地区のビジネスコアの安定性に関する重要な合意が失敗に終わったことが報じられています。レストランと建物の売却が発表され、Coastal Kitchenの看板が掲げられました。これにより、15番街E地区の商業活動に動揺が生じました。ビジネスの運命に関する情報はまだわかっていません。Coastal…

住宅市場における新たな明るい光

新築住宅は、現在の住宅市場において珍しい輝く存在です。それを証明する事例があります。SPDR S&P ホームビルダーズETF(XHB)は、今年のここまでで約10%上昇しています。高い借り入れコストのため、低金利の抵当ローンに固執している潜在的な売り手は、家を市場に出すことを躊躇しています。「現在、住宅ローンを抱える人のうち80%は5%以下であり、現在の6.75%の金利よりもはるかに低いです」と、バンク・オブ・アメリカ証券のシニアホームビルダーアナリストのRafe Jadrosich氏はYahoo Finance Live(上記のビデオ)に語っています。「家を売ることに対する動機は非常に高いです。」これは、新築住宅が通常の住宅供給に比べてはるかに大きな役割を果たしていることを意味しています。「歴史的に見て、新築住宅は全体の有効物件の約10%〜15%です」とJadrosich氏は述べています。今、彼は約30%になっていると述べています。 2月に季節調整済みベースで新築住宅のリスティングが前月比3.8%増加し、2022年9月以来の最高水準となりました(Redfin調べ)。また、最新の政府データによると、新築一戸建ての販売は1月に年率66.1万件となり、修正後の12月のペース651,000件から1.5%上昇しました。「新築住宅への需要は比較的堅調なままです」とJadrosich氏は述べており、建築業者は高金利環境で、金利減額やより手ごろな価格の小さな住宅などのインセンティブを提供することで、家を売ることができるとしています。 一方、住宅建設は低い在庫と緩和された住宅ローン金利の恩恵を受け、回復を続けています。2月の住宅着工件数は1月の修正推計をほぼ11%上回り、年間6%増加しました(Census Bureauの最新データによると)。 連邦準備制度理事会(Federal Reserve)がいつ利下げするかは不確定ですが、ウォール街のアナリストは、今年の建築業者株にとって低い借入コストが追い風になると一般的に予想しています。バンク・オブ・アメリカは、「抵当ローン金利は低い6%台、約6.25%に落ち着くだろう。今年は2回の連邦利下げがある」とJadrosich氏は述べています。 同時に、住宅需要の回復に伴い、ホームビルダーの信頼感も堅調です。中央銀行は水曜日に次の利下げの判断を下す予定です。 以下は、上記の記事をもとにしたFAQセクションです。主要なトピックと記事で提示された情報に基づく項目を含みます。キータームや専門用語の定義も記載しています。また、関連するリンクも提案します。 Q1: 新築住宅市場はどのような状況ですか? A1: 新築住宅市場は現在、高い借入コストのために低金利の抵当ローンに固執している潜在的な売り手が家を市場に出すことを躊躇しています。「現在、住宅ローンを抱える人のうち80%は5%以下であり、現在の6.75%の金利よりもはるかに低いです」とシニアホームビルダーアナリストのRafe Jadrosich氏は述べています。 Q2: 新築住宅は通常の住宅供給にどの程度寄与していますか? A2: 歴史的に見て、新築住宅は全体の有効物件の約10%〜15%でしたが、現在は約30%になっています。 Q3: 新築住宅のリスティングはどのような動きを見せていますか? A3: 2月に季節調整済みベースで新築住宅のリスティングが前月比3.8%増加し、2022年9月以来の最高水準となりました。 Q4: 新築一戸建ての販売はどのような状況ですか? A4: 1月の新築一戸建ての販売は修正後の12月から1.5%上昇し、年率66.1万件となりました。…

豪邸の賃貸物件、時価総額2億5000万円

写真家クリストファー・アミトラーノ(CS8フォトのクリストファー・アミトラーノ)撮影による、ニューポート・コーストに建てられた新築豪邸のキッチンの内部をご覧ください。 重要な広さと最高の設備 ニューポート・コーストの眺望が広がる丘の上に位置するこの豪邸は、設計者がまだ仕上げ作業をしていたときに撮影された写真がリスティングされています。その家賃はなんと月額250,000ドル(約2億5000万円)です。 この1,3000平方フィート(約1,208平方メートル)の地中海スタイルの家は、完全にストックされたワインウォール、ダイニングとリビングエリア、そしてイートインキッチンを備えています。特に、ダイニングルームには完全に備え付けられたワインウォールがあります。また、リビングルームには30フィートの可動式ガラスポケットスライダーがあり、屋外のオアシスに一体感をもたらしています。目を引くバックヤードにはダブルプール、バーベキューセンター、大型暖炉、80インチのスクリーンテレビが備わっています。 豪邸の特徴的な広さは、7つのベッドルームと11のバスルームを備え、3階建ての構造になっています。ベースメントにはバー、ラウンジ、そしてビリヤードルームが完備されたエンターテイメントエリアがあります。最新の映画館も備えているので、家族や友人との映画鑑賞のための快適な空間を提供してくれます。 高級賃貸市場におけるニューポート・コースト ニューポート・コーストの高級不動産市場では、高級賃貸物件はごく一部に過ぎません。リポート・オン・ハウジングの最高経済学者であるスティーブン・トーマスによれば、2023年のデータによると、$100,000以上の家賃を求めた物件はわずか1つであり、賃貸契約は月額15万ドルで成立しました。そして、2020年から2022年までの間には、そのような賃貸契約は一つも成立していませんでした。2019年には、一件195,000ドルの物件が賃貸契約されました。 しかし、市場にはオープンマーケットには出ていない賃貸物件や公的な記録に残っていない物件も存在しますので、その数は追跡するのが難しいものとなっています。 いくつかの高額物件は、一般には知られていない取引となることも多いです。例えば、ニューヨークのヘッジファンドの億万長者であるジョセフ・エデルマン氏と彼の妻スーザン・レボビッツ・エデルマン氏は、ラグナビーチのアバロンポイントの監視付きエリアに7000万ドルの不動産を購入する前に、周辺の別の家を借りたと言われています。 自然の美しさ ニューポート・コーストの豪邸は、ニューポートハーバーやパロスヴェルデスを眺める美しい眺望を望む空き地(7 Clear Water)を、2016年11月に約7115万ドルで購入しました。建設工事中はまだその家の市場価値に気付かなかったため、その価格は驚異的に高くなりました。もし売り出されるなら、これまでの最高額である5500万ドルの売却記録を破ることでしょう。 建築プロセスには数年の計画、許可取得、開発プロセスが必要です。そのため、クリスタルコーブのような高級地域に立地する土地を購入した多くの人々は、現在の市場価格よりも格段に低い価格で購入しています。 --- 2億5000万円/月の家賃でニューポート・コーストの豪邸が賃貸 リニューアルの余地あり! ガードゲートのあるクリスタルコーブに位置するこのニューポート・コーストの豪邸は、まだ仕上げ作業が行われていたときに撮影された写真がリスティングされています。その家賃は月額250,000ドル(約2億5000万円)であり、MLSによればオレンジカウンティで最も高い賃貸物件の一つです。 この豪邸は、おしゃれなワインセラーや最新式のシアタールーム、サウナ、スチームルーム、そしてコールドプランジュが備わったスパを持つおよそ13,000平方フィート(約1,208平方メートル)の地中海スタイルの家です。 ニューポートビーチ、ラグナビーチ、ダナポイントには、月額10万ドル以上の家賃で賃貸される海岸沿いの豪邸が11軒ありますが、その中で「7 Clear Water」は誰も住んだことがない唯一の物件です。 不動産会社のエージェント、ジョシュ・アルトマン(ジョシュ・アルトマン)によれば、「これはL.A.やニューポートでも最高級のものであり、これ以上のものはありません」とコメントしています。 目を引く設備 この豪邸は3階建てで、7つのベッドルームと11のバスルームがあります。ダイニングルームには完全にストックされたワインウォールがあります。リビングルームには30フィートのキャニオンウォールガラスパネルがあり、屋外に拡張可能な空間と繋げています。 ベースメントにはバー、ラウンジ、ビリヤードルームがあり、家族や友人との集まりやエンターテイメントに最適な環境を提供しています。 高級賃貸物件市場 オレンジカウンティの人々の間では、高級賃貸物件は一握りの存在です。報告書によれば、2023年には$100,000以上の家賃で成立した取引はたった一件で、賃貸額は月額15万ドルで成立しました。2020年から2022年までの間には、そのような高額賃貸契約は一件も成立していませんでした。2019年には、月額19.5万ドルでの賃貸契約が成立しました。 高級賃貸物件は一般市場ではなく、非公開で行われることも多くあります。ハリウッドの重要人物やテック関連のエグゼクティブ、ヘッジファンドの経営者などが、一定期間の賃貸を経て、この地域に根をおろす機会として利用しています。 また、アルトマン氏自身もエージェントとして活動する傍ら、ニューポートビーチで数年間賃貸物件に住んでいました。そして、アルトマン氏夫妻は2023年3月に、賃貸物件の購入を試みた後、オフマーケットで870万ドルの水辺の不動産を購入しました。…

新しい家の選択肢:賃貸住宅の人気が急上昇

近年、メトロフェニックス地域では購入できない新しい住宅が数千棟建設されています。しかし、これらの新しい家は賃貸用であり、多くの人々がアパートメントよりもこれらを選んでいます。 シングルファミリーレンタルと呼ばれるこれらの住宅は、通常売却用に建設される住宅とほぼ同じです。アメリカ全土で他のどの都市よりもフェニックス地域で建設中の住宅が多く、建設されました。 通常のアパートメントよりも家賃が高いこれらの住宅は、アパートメントとは異なるテナントを引き付けています。「シンプルな生活です」とフィル・ディマルティーノは言います。彼は昨年10月にアリゾナ州立大学に通う娘に近くなるため、ロサンゼルスからフェニックスの西部にある「ビレッジ・アット・キャメルバック・パーク」という建て付け賃貸コミュニティの1ベッドルームに引っ越しました。「アパートを借りる時には得られない近所感があります。」 多くのシングルファミリーレンタルコミュニティはゲートが設置され、警備カメラが設置され、独立した住宅、コミュニティセンター、各賃貸毎に小さな庭があります。 「フェニックスは本当に建て賃住宅の発祥地です」と商業不動産および調査会社であるノースマークのトレバー・コスコビッチ会長は言います。「なぜフェニックスかというと、土地が手ごろですから。」 さらに、この地域の人口増加に伴い、より多くの賃貸需要が発生しています。この需要に応えるため、購入用に住宅を販売することが一般的なホームビルダーを含む、より多くの開発業者が建て付け賃貸プロジェクトに参入しています。 建て付け賃住宅のブームの背後には何があるのでしょうか?現在、フェニックス地域には8,000棟以上の建て付け賃住宅が建設中です。この数は他の都市よりも多いです。 ダラス、ヒューストン、アトランタ、シャーロットは、建設中の賃貸住宅が最も多い他のアメリカの都市です。 バレー地域のシングルファミリーレンタルは、100の開発地に17,000棟以上あります。これらの住宅は、計画された大規模コミュニティの一部として建設される場合もあれば、独自の土地に建てられる場合もあります。 コアロジック不動産研究会によれば、バレー地域のシングルファミリーレンタル住宅の中央家賃は2,435ドルです。一方、ライトマトリックス不動産データプロバイダによれば、メトロフェニックスのアパートの中央家賃は1,670ドルです。 パンデミックの最初の数年間には、シングルファミリーレンタルとアパートの家賃ともに急騰しましたが、過去1年間はわずかに下落しています。 フェニックス都市圏の家賃は5%下落しています:ここで家賃が最も下がっている場所 これらの高い家賃により、さらに多くの開発業者が賃貸住宅を建設し、コミュニティを購入する投資家も増加しました。 ディマルティーノの住んでいるコンプレックスの不動産管理会社であるステラ成居住者のデール・フィリップスは、エンパイア・グループのバレー地域にある15の建て付け賃貸コミュニティでは、1ベッドルームの賃貸は1,800ドルであり、3ベッドルームの家賃は2,700ドルです。 エンパイアは「ビレッジ・アット・キャメルバック・パーク」を開発した他、トレソンにある「ビレッジ・アット・パセオ・デ・ルーチェス」とクイーンクリークにある「ビレッジ・アット・シュネープファームズ」の2つの新しい開発地をオープンしました。 これらの賃貸住宅の建設ブームが依然として続いている理由の一部は、確保された水の供給を必要としないことです。ただし、この例外を変更するために議会を通過する法案が進行中です。 建て付け賃住宅は、主に在宅勤務、セキュリティシステム、近い駐車場、プライバシー、および庭のためにシングルファミリーレンタル住宅を借りる人々にとって魅力的です。 不動産データプロバイダのヤーディ・マトリックスによれば、建て付け賃住宅を借りるテナントの約半数は在宅勤務の一部を行っており、年収6万ドルから7万ドルの24歳から40歳のテナントが新たな開発の成長を牽引しています。 エンパイアが最初の建て付け賃住宅コミュニティを西バレーのリタイアメントコミュニティ「ペブルクリーク」でオープンした2020年、その調査によれば、典型的なテナントは65歳以上の女性またはリタイアしたカップルであると想定されていました。しかし、このコミュニティには、35歳以下の多くの単身女性が集まりました。大型の3ベッドルームの住宅は、退職して家を売却した後に賃貸住宅に移るために戸建ての住宅を選んだカップルを引き付けました。 エンパイアのバレー地域の建て付け賃住宅は、2023年には子供を持つ家族をさらに引き付けるようになりました。おそらく手ごろな価格のスターターホームを見つけることができなかったためであると彼は述べています。 マルチファミリーアナリストによれば、開発業者にとっての利点は、賃貸住宅のテナントは通常アパートメントよりも長く滞在することです。 ペットドアは建て付け賃住宅のテナントにとって大きな魅力となっています。全国の調査では、現在40%の賃貸者がペットを飼っていることが示されています。 ディマルティーノは、自宅からウォルマートや春季トレーニングの野球場のキャメルバックランチまで歩いて行けると言いますが、住宅には犬のドアとドッグパークがあり、住民同士が知り合いになるため、近所の雰囲気があると幸せです。 建て付け賃住宅コミュニティには、住宅問題の解消に取り組む代わりに、不適切な状況を利用しているという批判もあります。アリゾナ州の住宅不足、高い住宅価格、高い金利は、多くの潜在的な購入者にとって住宅所有の道を閉ざしています。賃貸住宅ではなく、購入用の住宅の開発は、価格を下げ、多くの人々に住宅所有を可能にすることができるでしょう。しかし、ディマルティーノは、カリフォルニアよりもアリゾナの方が賃貸住宅を手頃な価格で借りることができ、所有に伴うメンテナンスの必要がないことに満足しています。 記事に基づくFAQセクション: Q: 近年、フェニックス地域で何千もの建て付け賃住宅が建設されていると聞きますが、それはなぜですか? A: フェニックス地域では、土地が手頃な価格で手に入るため、建て付け賃住宅の需要が増えています。また、人口の増加に伴い、賃貸住宅の需要も高まっています。 Q:…

波濤のように押し寄せた開発ラボ、未来は見えるか

COVID-19パンデミック下、ボストン都市圏の不動産開発業者たちは、ライフサイエンス研究施設に注目し、その中に黄金の卵を見出した。オフィスで働くホワイトカラー労働者たちは、ほとんどが在宅勤務をしており、都市の未来はめったに見透かされなかった。しかし、ケンブリッジのModernaなどのバイオテック企業は忙しさを増し、急速に成長していた。ライフサイエンス企業とそれらを収容する研究施設は、投資家にとって確実な賭けに見えた。ベンチャーキャピタリスト、株式市場、国立衛生研究所から数十億ドルが薬企業に流入し、大規模な不動産投資家たちもそれに続いて、グレーターボストン全域でラボ開発の波を引き起こした。 その建物の多くは完成間近であり、ライフサイエンス業界には非常に異なる世界が広がっている。投資が鈍化し、採用よりも削減が一般的になっている。そして市場には何十年もの間見られなかったほどのラボスペースがあふれている。これは、経済的な動きが建設スケジュールよりも速く変動することを思い出させる高額な教訓である。 グレーターボストンのラボスペースは、わずか2年間で57%増加し、シーウェポートからウースターまで新たに開放されたスペースは1800万平方フィートに上る。これに比べると、2019年から2021年の間に開放されたスペースの9倍である。現在、ラボは東部マサチューセッツ州のオフィスとライフサイエンススペースの5分の1以上を占めている。 なぜ私たちはこんなにも急速に建設したのだろうか? バイオファーマ企業は、2021年に、マサチューセッツ州のバイオファーマ企業に驚異的な額の137億ドルがベンチャーキャピタルから流入し、前年比70%増加したことが、マサチューセッツバイオテクノロジー協議会(業界団体)の調査によって明らかになった。この資金を受け取った企業は、新しい本社が必要となり、不動産投資家はライフサイエンススペースを成長分野とみなしていた。資金が流れ込んだ例は多数あり、2016年初頭、投資大手のブラックストーンは、ライフサイエンスデベロッパーのBioMedを80億ドルで買収した。そして2020年末、新たな投資契約で同社の評価額はほぼ2倍になり、146億ドルになった。 ラボスペースを建設したことのない開発者たちも参入したいと熱心だったため、倉庫、古いオフィスビル、さらにはショッピングモールまでもがラボスペースに再開発されることが提案された。サマービル、ウォータータウン、ワルサムなどの地域は税収増を目指して喜んで承認した。サマービルだけでも60万平方フィート以上のライフサイエンスプロジェクトが承認され、今後1年程度で200万平方フィートがオンラインで公開される予定である。 しかし、状況は変わった。バイオファーマのベンチャーキャピタル資金は2021年以来、約60億ドル(約44%)減少した。将来の成長に備えて以前は必要以上のスペースを借りていた企業も、財布のひもを締めるようになった。テナントには選択肢が増え、数年前と比べて必要なスペースが減っている。 コリアーズの調査によれば、ボストンだけでなく、サンフランシスコやシアトルなどの主要なライフサイエンス市場でもラボの空室率が急増している。 もちろん、Modernaの新しい本社、Takeda Pharmaceuticalsのアメリカ拠点、カンブリッジに建設中のAstraZenecaの新しい研究施設など、完全にリースされた大規模プロジェクトもある。しかし、それぞれのプロジェクトには、Watertownの66 Galen Stなどの未だリースされていない新たに建設されたラボのプロジェクトも存在する。 前もって予定されていたラボが実現されなかったプロジェクトもある。かつてナティックモールの場所に予定されていたラボなどは中止された(今ではピクルボールクラブとなる)。サウスステーションの真向かいにあるアトランティックアベニューの11階建てのレンガ造りの建物も、ラボスペースに改装されて完成したが、そのうちの15,000平方フィートしかリースされていない。 開発者たちは需要が戻ると期待している一方、彼らは利益を追求するビジネスでもある。建設に多くの費用がかかる空いたスペースは収支報告書には好印象ではない。たとえば、長年のバイオテックデベロッパーであるアレクサンドリアリアルエステートイクイティーズは、過去1年間で、ニュートンのリバーサイドセンターや南ボストンの2つのプロパティを、大幅な損失で売却している。 建物を保有している開発者たちは、この状況も必ず過ぎ去るだろうと言っており、不動産市場の周期的な性質や “寛容な資金” を引き合いに出している。 ウォータータウンのThe Davis Cosの社長であるスティーブン・デイビスは、「ライフサイエンス物件を20年以上にわたり成功裏に開発してきた経験と視野があります。最近の市場は確かに失望的でしたが、私たちはグレーターボストンでの発見とライフサイエンス業界の将来について信じています」と語っている。 COVID-19パンデミック下、ボストン都市圏の不動産開発業者たちは、ライフサイエンス研究施設に注目している。ライフサイエンス企業は急速に成長しており、投資家にとって確実な賭けと見なされている。ベンチャーキャピタリスト、株式市場、国立衛生研究所から多額の投資が薬企業に流入し、大規模な不動産投資家もこれに続いている。この波はグレーターボストン全域でラボ開発を引き起こしている。 バイオファーマ企業へのベンチャーキャピタル資金は増加しており、その中で新しい本社が必要となり、不動産投資家はライフサイエンススペースを成長分野と見なしている。一部の開発者は、倉庫や古いオフィスビル、ショッピングモールをラボスペースに再開発しようとしている。ラボスペースの供給が需要を上回っており、空室率が増加している。 一部の大規模プロジェクトは完全にリースされているが、まだリースされていない新たに建設されたラボスペースも存在する。一部の計画は実現しなかったが、需要が戻ることを期待している。 開発者たちは、この状況は一時的であり、不動産市場の周期的な性質と寛容な資金によって回復すると信じている。 Key terms and jargon: - ライフサイエンス研究施設…

米国の住宅ローン金利の影響要因とは?

米国の住宅ローン金利は、インフレーションの高低によって大きく左右されます。米国中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は、連邦基金目標金利を引き上げることでインフレーションを抑制し、それによって銀行の融資コストを上昇させます。これによって、住宅ローンを含む融資の金利も上昇します。また、インフレーションは債券などの固定収入投資の購買力にも影響を与えるため、投資家はより高いリターンを求めて債券に関心を持ちます。 債券へのリターン要求の高まりによって、住宅担保証券の利回りが上昇し、結果的に住宅ローン金利も上昇します。しかし、インフレーションが上昇しているにもかかわらず住宅ローン金利が低下している場合、他の要因が住宅ローン金利に影響を与えている可能性があります。 例えば、債券市場のダイナミクスによって、インフレーションが強化されている場合でも異なるパターンが生じる場合があります。債券市場への資金供給の急増は利回りを抑制し、それによって低い住宅ローン金利が実現します。また、住宅市場の状況も重要です。インフレーション経済においても、供給過剰の住宅が存在する場合、金利を魅力的にするために金融機関が購買者を引き付けることがあります。 連邦準備制度理事会の政策金利引き上げ 連邦準備制度理事会(FRB)の政策金利引き上げキャンペーンによって、過去2年間でインフレーションは大幅に低下しました。しかし、FRBのパウエル議長は、金利引き下げ前にインフレーションの改善を示す追加のサインを待つべきと考えています。 FRBによる金利引き下げは夏まで予想されておらず、秋まで実施されない可能性もあるため、住宅ローン金利は比較的高いままとなるでしょう。FRBの活動は直接的には住宅ローン金利を決定するわけではありませんが、住宅ローン金利は10年債券の利回りを反映しているため、インフレーションの低下は最終的には低い住宅ローン金利につながるでしょう。 在庫が増えたものの、住宅の負担性は依然として問題 昨年のピーク時には住宅ローン金利は7.79%でしたが、ここ4ヶ月間で低下しました。過去数十年で最も高価な市場で戦ってきた住宅購入者は、この低下により、より手頃な価格で自分の家を購入することができるようになりました。しかし、2月の強いインフレ指標と予想外の雇用数の高さから分かるように、経済はアナリストや経済学者が望むよりも活発に運営されているようです。 (250 words) 以下は、上記の記事に基づいて作成されたFAQセクションです。 Q: 住宅ローン金利は何によって左右されますか? A: 住宅ローン金利はインフレーションの高低に大きく左右されます。 Q: なぜ連邦基金目標金利の引き上げが住宅ローン金利の上昇につながるのですか? A: 連邦準備制度理事会(FRB)は、連邦基金目標金利を引き上げることでインフレーションを抑制し、それによって銀行の融資コストを上昇させます。これによって、住宅ローンを含む融資の金利も上昇します。 Q: インフレーションが上昇しているにもかかわらず住宅ローン金利が低下している場合、他の要因が影響している可能性はありますか? A: はい。債券市場のダイナミクスや住宅市場の状況など、他の要因が住宅ローン金利に影響を与えている可能性があります。 Q: 連邦準備制度理事会(FRB)の政策金利はどのように住宅ローン金利に影響を与えますか? A: 住宅ローン金利は10年債券の利回りを反映しているため、FRBの政策金利の変動は最終的には住宅ローン金利に影響を与えます。 【関連リンク】 - 米国連邦準備制度理事会公式サイト…

住宅ローン金利の下落が続く中、住宅購入者には朗報があります

ワシントンDC CNN - 高い雇用とインフレ指標に対応しながらも、住宅ローン金利が2週連続で下落しました。昨日発表されたFreddie Macのデータによれば、30年固定金利の住宅ローンは3月14日終了週に6.74%となり、前週の6.88%から下がりました。一年前の平均金利は6.60%でした。 しかし、数ヶ月以内に金利が動くことが予想されるものの、大幅な下落は見込めないでしょう。 これについて、Freddie Macの首席エコノミストであるサム・カターは「最近の下落にもかかわらず、住宅ローン金利は依然として高位に位置しており、固定化しているインフレによる圧力に対応しています。この状況では、金利がより長期間高水準で推移する可能性が高いです。」と述べました。 昨年の最高水準からこの四ヶ月で住宅ローン金利は下がっており、数十年ぶりの低水準を経験していた住宅購入者には手の届きやすいものになっています。 しかし、先月のインフレ指標と雇用数の強さを考えると、経済は予想以上に好調な状態といえます。 住宅ローンに興味がある購入希望者にとって、金利の動向は非常に重要です。先週、金利がわずかに下落した結果、市場にはさらに多くの買い手が現れました。住宅ローン申請数は3月8日終了週に前週比で7%増加しました(抵当銀行協会調べ)。 やっかいなインフレが住宅ローン金利を上昇させる 連邦準備制度理事会(Fed)は、インフレ抑制のための過去最大の利上げキャンペーンにより、過去2年間でインフレ指標は相当低下しました。しかし、ジェローム・パウエル議長は、利上げを開始する前にインフレ改善のより一貫した証拠が必要だと述べています。 Fedによる利下げは夏までもしくは秋まで行われない見込みです。3月初めまでに行われると予想されていた利下げの延期により、住宅ローン金利は高水準を保っています。 連邦準備制度理事会の行動が直接的に住宅ローン金利を決めるわけではありませんが、住宅ローン金利は連邦債券利回りを追跡する傾向があります。そして、連邦準備制度理事会の行動に対する予想、実際の行動、投資家の反応に基づくものです。 低下するインフレは最終的には住宅ローン金利の低下につながるはずです。それに関してジョーンズ氏は「短期的には、今月において住宅ローン金利は大幅に下がることはないでしょう。」と述べています。 住宅購入者は在庫が増えてきたが、手の届きにくさが依然として残る 昨秋の8%に近い水準から大幅に下げられた金利により、一部の住宅購入者は喜んでいます。 ブライトマルチプルリスティングサービスの首席エコノミストであるリサ・スターヴェントは「春先に金利がもう少し下がるなら、さらに多くの買い手と売り手が市場に参入すると考えられます。」と述べています。 現在の金利は昨年のピーク時と比べて約1ポイント下がっています。 国立不動産協会によると、10月の中央値住宅価格は39万1800ドルであり、30年固定金利ローンを利用し、首付け金20%を支払う場合、平均的な月々の支払いは2254ドルでした。 しかし、今年の価格で同じ条件(20%の首付け金と6.74%の金利)の場合、月々の支払い額は2031ドルになり、約220ドルの節約ができます。 ただし、住宅価格の上昇がそれらの節約を相殺する可能性もあります。 現在、市場にはより多くの在庫が追加されてきています。 この記事では、最近の住宅ローン金利の動向について説明されています。以下は、記事の主要なトピックと情報に基づくFAQセクションです。 Q1: 住宅ローン金利はどこまで下がったのですか? A1: データによれば、30年固定金利の住宅ローンは3月14日終了週に6.74%となり、前週の6.88%から下がりました。 Q2:…