Joe Roshkovsky

Hidden History: The Intriguing Story behind a Storied NYC Townhouse

この壮大な一戸建て住宅は、ニューヨークの不動産市場で最も謎めいた物件の一つと言えるでしょう。この歴史ある建物には、数十年にわたる鬱屈とした物語が秘められています。現在の価値は2億4990万ドルと評価されており、鑑賞価値だけでなく、その深遠な過去にも魅了されるかもしれません。 この物件は、昔から芸術家や文化人に人気がありましたが、彼らの創造性と情熱は、時折深い鬱屈と結びついていました。この建物に住むことで、多くの芸術家たちは創造的なエネルギーを高めた反面、苦悩や孤独感を感じることも多かったと言われています。 一戸建て住宅の内部には、過去の住人たちの痕跡も見受けられます。落書きやメモ、未完の作品などが残されており、一瞥するだけでその人たちの感情や思考が伝わってきます。これらの痕跡は、物件の魅力の一部として、購入者にとっても独特な魅力になることでしょう。 この建物には、何世代にもわたるボヘミアンたちの物語が詰まっています。その多くは、芸術家や作家、音楽家など、革新的なアーティストたちでした。彼らはこの場所を自分の創造の拠点とし、時には人生の苦難や悲哀を経験しました。この物件自体が彼らの表現の一部となり、彼らの作品に反映されることもあったのです。 この壮大な一戸建て住宅は、過去の鬱屈とした歴史を持ちながら、現在の価値と融合しています。購入者にとっては、ただの物件以上のものを手に入れることになるでしょう。それはニューヨークの文化と芸術の歩みに触れることであり、過去の鬱屈に新たな魅力を見いだすことでもあります。 この記事では、ニューヨークの不動産市場で最も謎めいた物件の一つである壮大な一戸建て住宅について紹介されています。この建物は、数十年にわたる鬱屈とした物語を秘めており、現在の価値は2億4990万ドルと評価されています。 この物件は、昔から芸術家や文化人に人気がありましたが、彼らの創造性と情熱は、時折深い鬱屈と結びついていました。多くの芸術家たちはこの建物に住むことで創造的なエネルギーを高める一方で、苦悩や孤独感も感じることが多かったと言われています。 内部には、過去の住人たちの痕跡も見受けられます。落書きやメモ、未完の作品などが残されており、一瞥するだけでその人たちの感情や思考が伝わってきます。これらの痕跡は、物件の魅力の一部として、購入者にとっても独特な魅力になることでしょう。 この建物には、何世代にもわたるボヘミアンたちの物語が詰まっています。彼らは芸術家や作家、音楽家などの革新的なアーティストであり、この場所を自分の創造の拠点として利用しました。彼らは時には人生の苦難や悲哀を経験し、この物件自体が彼らの表現の一部となり、作品に反映されることもありました。 この壮大な一戸建て住宅は、過去の鬱屈とした歴史と現在の価値が融合しています。購入者にとっては単なる物件以上のものを手に入れることになります。それはニューヨークの文化と芸術の歩みに触れることであり、過去の鬱屈に新たな魅力を見いだすことでもあります。 以下は本記事の主要なトピックと情報に基づくFAQセクションです。 Q: この一戸建て住宅はどのくらいの価値があるのですか? A: 現在の評価額は2億4990万ドルです。 Q: この建物に住んだ芸術家たちはどのような経験をしましたか? A: 芸術家たちは創造的なエネルギーを高める一方で、苦悩や孤独感も感じることが多かったと言われています。 Q: 内部にはどのような痕跡が残されているのですか? A: 落書きやメモ、未完の作品などが残されており、過去の住人たちの感情や思考が伝わってきます。 Q: この建物についてどのような物語が詰まっているのですか? A: 何世代にもわたるボヘミアンたちの物語が詰まっており、彼らの表現の一部が建物となり、作品に反映されています。 Q: 購入者にはどのような魅力があるのですか? A:…

最も高価な住宅地域はどこですか?

アメリカで典型的な住宅を購入するためには、6桁の収入が必要です。特に西部地域では、161,571ドルが必要とされ、全国で最も高価な地域となっています。カリフォルニアの一部の都市では、さらに高額な収入が必要とされています。全米不動産協会の最新レポートによれば、典型的な一戸建て住宅を購入するには、200,000ドル以上の収入が必要とされています。 NAR(全米不動産協会)の四半期レポートによれば、221の都市圏調査結果から、サンノゼ地域で家を購入するには468,252ドルの収入が必要です。これは全米で最も高額な地域となっています。資格を得るためには、収入が200,000ドルを超える10の他の都市圏よりもさらに高く設定されています。以下は、最も高価な市場の一部です。 - サンノゼ・サニーベール・サンタクララ、カリフォルニア:468,252ドル - アナハイム・サンタアナ・アーバイン、カリフォルニア:347,651ドル - サンフランシスコ・オークランド・ヘイワード、カリフォルニア:334,676ドル - ホノルル、ハワイ:286,093ドル - サリナス、カリフォルニア:265,895ドル - サンディエゴ・カールスバッド、カリフォルニア:249,228ドル - オックスナード・サウザンドオークス・ヴェンチュラ、カリフォルニア:245,269ドル - サンルイスオビスポ・パソロブレス、カリフォルニア:244,011ドル - ロサンゼルス・ロングビーチ・グレンデール、カリフォルニア:236,601ドル - ボルダー、コロラド:227,237ドル - ネイプルズ・イモカリー・マルコアイランド、フロリダ:201,983ドル カリフォルニアでは長期にわたり住宅不足が続いています。需要は州内での住宅建設の年間割合を大幅に上回っています。パンデミック初期の低金利とカリフォルニアへの住宅需要の増加により、過去4年間で価格が40%上昇しました。富裕層の一部は、サンノゼ、サンフランシスコ、アナハイムなどの都市に住んでいます。RealtyHopの調査によれば、エクスクルーシブなエンクレーブであるアサートンは、数年にわたり全米で最も高価な郵便番号地区です。 一方、アメリカ全体で典型的な住宅を購入するためには、資格を得るためには収入が103,835ドル必要です。中西部や南部では、それぞれ74,967ドルと95,511ドルの収入で充分です。 NARは各都市圏の特定の収入を、中央値の販売価格、20%の頭金、7.37%の金利に基づいて計算しています。月々の元金と利子の支払いは、家計収入の25%に制限されています。 もし仕事の外で追加収入を得たい場合は、CNBCのオンラインコース「How to Earn…

Building Success: Lessons from a Real Estate Veteran

成功を築く:不動産のベテランからの教訓 不動産業界のベテランであり、シリアルアントレプレナーとして、私は嵐に耐え、失敗に直面し、成功の輝きを堪能してきました。50年以上にわたるビジネスの経験を活かし、私は自分の旅を元にした教訓をまとめ、『The Perfect 10』という新しい本で若手起業家と共有しています。この本で、私はリーダーシップと起業家精神の本質について掘り下げ、RE/MAXの共同創設者としての私自身の旅から学びを得ています。それは単に不動産についてではなく、いかなる分野においても、強靭さ、適応力、そして卓越を追求することについてのものです。 私が論じる重要な原則の一つは、"完璧な10"という概念です。体操競技における完璧なスコアのように、ビジネスでの卓越を達成するには、献身、忍耐力、そして継続的な改善への取り組みが必要です。私の本では、顧客満足度を測るためにネットプロモートスコアを使用し、優れたサービスとクライアントの忠誠心を反映する完璧な評価を追求した方法について共有しています。 ただし、指標以上に、真の成功はリーダーシップと適応力にかかっています。私は自分自身を「ストリートファイター」と形容してきましたが、逆境に対する執念と強靭さの重要性を強調しています。ビジネスでも人生でも、挫折や困難に直面することは避けるべきではなく、むしろ正面から取り組み、それぞれの経験から学び成長するべきです。 私が学んだ重要な教訓の一つは、適切な人々との関わり方の重要性です。 優れた人材の雇用や強力なサポートネットワークの構築であれ、成功は孤立して達成されることはめったにありません。自分自身の旅を振り返ると、私の成功の多くは、私に寄り添ってくれた献身的な人々に帰することができます。 今日の世界では、起業への伝統的な道筋は、大学教育、MBA取得、業界経験の数年といったものです。しかし、私のように大学中退者もいるように、大学の講堂ではなく、人生の厳しい経験を通じて学んだ人々もいます。 私は学位や資格ではなく、執念、決意、そしてあらゆる経験から学ぶ意欲によって成功を収めました。そのような瞬間の一つは、1970年代初頭、私がRE/MAXの最初の従業員としてゲイルを雇った日です。私たちはその日を誇りに思い、それを創業日と称しています。 自分自身の強みと弱みを知ってバランスを実現する ゲイルは大学教育を受け、マーケティングのバックグラウンドを持っており、私の起業ビジョンに相応しい専門知識とプロフェッショナリズムをもたらしました。共に、私たちは相互の尊重、理解、そして卓越への共有のコミットメントを土台にした、ダイナミックなパートナーシップを築きました。RE/MAXの設立から11年後、私たちは誓いを交わし、正式にライフパートナーとなりました。 ゲイルとのパートナーシップから学んだ重要な教訓の一つは、ビジネスと個人の関係の両方において、バランスと相互の尊重の重要性です。お互いの強みと弱みを理解し、責任を適切に分担し、互いを成功に導くことができました。 成功も失敗もあらゆる経験から学ぶ 私のキャリアの中で、私は壮大な成功と謙虚な失敗の両方を経験しました。それぞれは私のビジネスと人生のアプローチを形作る価値ある教訓を提供しました。最も大きな成功は、間違いなくRE/MAXの創設と成長にあります。それはビジョン、決意、そしてチームワークの力の証でした。 1970年代にRE/MAXを始めたとき、業界からの懐疑的な見方と抵抗に直面しました。しかし、私たちは不動産市場の革新、エージェントの力を与え、顧客に対する比類ないサービスを提供するというビジョンを信じていました。執念と忍耐力によって、私たちはRE/MAXを世界的な強者に育て上げ、世界中のオフィスとエージェントを持つ企業に変えました。 しかしながら、勝利の中には個人的な挫折もありました。最初の結婚は失敗に終わり、成功への執念とビジネス帝国の構築の要求が原因でした。それは時間管理の重要性と本当に重要なことを優先することを学ぶ苦い教訓となりました。 RE/MAXの成長に自己を捧げる中で、私は自分の人生で最も重要な部分を無視していることに気付きました-家族です。私の子供たちは私なしで成長し、私の結婚生活も私の野心の重荷の下で崩れていきました。これは私の優先順位を再評価し、何らかの困難な決断を行うように迫る目覚めのコールでした。 最初の結婚が離婚に終わった後、私は子供たちのために時間を作り出し、彼らの生活に立ち会い、過去の過ちを修復するために努力しました。 簡単ではありませんでしたし、心構えと行動の大きな変化を必要としました。しかし、献身と忍耐力によって、私は関係を再構築し、家族とより強い、より充実した絆を築くことができました。 真の成功は、プロの成果だけでなく、個人的な成就と幸福を包括するという貴重な教訓を学びました。 不動産業界の将来 今日の急速に変化するビジネスの風景では、適応力がいつも以上に重要です。例えば、COVID-19パンデミックは企業が想像もしなかった方法で転換し、革新するように迫りました。成功したのは、最も大きな企業や最も確立された企業ではなく、最も俊敏で資源に恵まれた企業でした。 不動産業界の将来を見据えると、変化と革新を受け入れることを意思を持つ人々には非常に大きな機会があると考えています。技術は、住宅の購買や販売の方法を根本的に変え続けており、エージェントやブローカーにとって新たな課題と可能性を提供しています。AIやデータ分析、デジタルマーケティングの力を活用できる人々が、競争力を持つことでしょう。 しかしながら、あらゆる技術の進歩の中で、人の要素が最も重要であると私は信じています。不動産は、信頼、コミュニケーション、共感に基づく究極的には人々のビジネスです。エージェントやブローカーにとって、成功は最終的にはお互いを理解し、協力する能力にかかっているのです。 成功を築く:不動産のベテランからの教訓 記事の要点と情報に基づいてFAQセクションを提供します。 Q: 著者は何を共有しているのですか? A:…

Jon Stewart’s NYC Home Valued 829% Higher Than Expected

ジョン・スチュワートが所有するニューヨークの自宅の価値が、予想よりも829%高く評価されていることがわかりました。 スチュワートの自宅は、彼の成功したテレビキャリアのおかげで高い評価を受けていると一度は考えられていました。しかし、最近の評価によって、その価値は実際よりもはるかに高いことが明らかになりました。 スチュワートの自宅はマンハッタンの一等地に位置しており、その立地によって価値が上がっているとされています。また、その家自体も高級な設備と内装を備えており、これも評価を上げる要因となっています。 一方、多くのローカル不動産業者は、スチュワートの自宅の価値が実際よりも過大評価されていると指摘しています。彼らは、類似の物件や地域の売却価格と比較して考える必要があると主張しており、その結果、スチュワートの自宅の評価額が注目されました。 不動産市場の専門家は、このような過大評価が一般的な現象ではないと述べています。一部の有名人や成功した人々は、自らの名声や成功によって自宅の価値を高く評価する傾向がありますが、それは現実とは異なる場合があるのです。 この報告書が公開されたことで、スチュワートの自宅の真の価値について多くの議論が巻き起こりました。今後、不動産市場における過大評価の是正や公正な評価基準の確立が求められるでしょう。 「ジョン・スチュワートの自宅、予想よりも価値が高い」というレポートが公表されました。この記事では、主なトピックと情報に基づいたFAQセクションを提供します。 Q: ジョン・スチュワートの自宅はどのくらい高く評価されていますか? A: スチュワートの自宅は予想よりも829%高く評価されています。 Q: スチュワートの自宅の評価が高い理由は何ですか? A: 彼の自宅はマンハッタンの一等地に位置しており、豪華な設備と内装も備えています。この立地と施設が評価を高める要因となっています。 Q: ローカルの不動産業者はどう評価していますか? A: 一部の不動産業者は、スチュワートの自宅の評価が過大であると指摘しています。彼らは、類似の物件や地域の売却価格と比較する必要があると主張しています。 Q: この過大評価は一般的な現象ですか? A: 不動産市場の専門家によると、有名人や成功者が自宅の価値を高く評価する傾向はあるものの、一般的な現象ではありません。 関連リンク: - ニューヨークの不動産市場 - マンハッタンの不動産情報 [embed]https://www.youtube.com/embed/gzRWxguipuo[/embed]

日本の賃貸住宅における家購入の夢、実現困難と感じる人が増加

米国のほとんどの賃貸住宅居住者にとって、住宅購入はもはや実現不可能な夢と感じられているという調査結果が明らかになりました。ハリスポール・ソートリーダーシップ・アンド・フューチャープラクティスが、2021年1月に実施した米国の成人2,047人を対象とした調査によれば、賃貸住宅居住者の57%が「住宅購入というアメリカンドリームは終わった」という主張に同意しています。一方、少ないながらも43%の住宅所有者が同様の意見を持っており、全体的に景気不安と住宅市場の手の届かなさに対する否定的な見方が反映されています。 現在の過酷な国内経済状況は、30年固定住宅ローンの金利が過去20年で最高の7.79%に達し、入手可能な住宅の不足および莫大な価格設定と相まって、暗い展望を示しています。3月に米国のインフレ率が3.2%上昇したとの報道がされただけに、利子率には即時の緩和策が見込めない状況です。 多くのアメリカ人は、多くの人にとって住宅所有の夢は単なる幻想に過ぎないと考えています。調査を受けた人々は、現在の住宅購入はかつてほどの投資収益をもたらさないと感じています。また、家を持ちたいという気持ちはあるものの、希望が叶わないと考える人がほとんどです。 先日公表されたBankrate.comの別の調査でも同様の結果が示されています。アメリカ人は今でも住宅所有を望んでいるものの、それは目標ではなく幻想となってしまっています。 「根本的には、アメリカ人の心の中で住宅所有への願望があるのです。しかし、それにはどのような条件が必要なのでしょうか?」とハリスポールのチーフストラテジーオフィサー、リビー・ロドニー氏は指摘しています。「人々にとって多くの安全性をもたらす方法でこの願望を実現するにはどうしたらいいのでしょうか?」 以下は、ご提供いただいた記事の内容に基づいたFAQセクションです。 Q: 米国の賃貸住宅居住者の多くが住宅購入を実現できないと感じているのはなぜですか? A: 賃貸住宅居住者の57%が「住宅購入というアメリカンドリームは終わった」と感じていると報告されています。賃貸住宅居住者も含め、景気不安と住宅市場の手の届かなさに対する否定的な見方が増えています。 Q: 米国の住宅所有者の中にも同じような意見を持っている人がいるのはなぜですか? A: 調査によれば、少なくとも43%の住宅所有者も「住宅購入というアメリカンドリームは終わった」と感じています。これは、現在の経済状況、高金利の住宅ローン、入手可能な住宅の不足などによるものです。 Q: アメリカの住宅市場はどのような状況ですか? A: 現在の過酷な国内経済状況により、30年固定住宅ローンの金利が過去20年で最高の7.79%に達しています。また、入手可能な住宅の不足と高価格も問題となっています。 Q: 住宅所有への願望を実現するにはどうしたら良いですか? A: ハリスポールのチーフストラテジーオフィサー、リビー・ロドニー氏は、人々が多くの安全性をもたらす方法で住宅所有の願望を実現するためには、どのような条件が必要かを考える必要があると指摘しています。具体的な方法については記事には触れられていません。 以下は、記事内で使用されているキーワードや専門用語の定義です。 - 住宅購入: 自分の住むための物件を購入すること。 - アメリカンドリーム: アメリカの国民的信念で、「個人の努力によって財産や成功を得ることができる」という考え方。 -…

不動産市場の不安要素:商業用住宅抵当証券の支払い遅延が投資家に影響を与える可能性

2021年にゴールドマン・サックス・グループが手配した債務証券に投資したTPGアンジェロ・グードン、リブレマックス・キャピタル、ロード・アベット&Co.などの投資家が、2022年末にはその投資企業がデフォルトし、証券に裏付けられた貸付金は大きな損失で売却されたことにショックを受けた。その後、債務者支援の仲介業者であるミッドランド・ローン・サービシズが更に悪いニュースを伝えた。投資家は少なくとも一時的に1億6400万ドルの支払いを受け取ることができず、取引の行方に関する疑問が解決するまで待っている必要がある。商業用住宅抵当証券では保留措置が取られることはあるが、今回のケースでは複数のクラスが投資適格であると評価を受けていたため、潜在的な損失にさらされる恐れがあった。 この保留措置は、商業用抵当証券市場で新たなリスク要因としてウォールストリートで注目を集めている。不動産市場は既に歴史的な不況に直面しているが、いくつかの投資家はサービサーが予期せぬ決定を下し、取引の利益に重大な損害を与える可能性があると心配している。 解説者のスタブ・ガオンは、ミッドランドの取引保留がアメリカ証券市場のこの分野で過去最大のものであり、他の取引がデフォルトに移行する際に投資家が追加の障壁に直面する可能性を高めていると話している。「投資家はこれを予期していなかったリスクであり、このようなことが再び起こる理由はないとは思えません」とガオンは強調しました。 ミッドランドの報告書によると、この注目を集めた開示から1か月以上経った現在でも、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループの子会社であるミッドランドは、保留金の大きな額を引き留めた理由について詳細を発表していません。しかし、状況に詳しい関係者によると、ミッドランドは債権者が訴訟を起こすのではないかと懸念し、予測できない訴訟に関連する費用に備えるために資金を保持していると推測されています。 ミッドランドの広報担当者はこの記事にコメントを控えた。同社は以前、「通常、PNCは特定の取引についてコメントしないものの、SASB(シングルアセット、シングルボロワー)の取引の特定の要素とこのポートフォリオに関連する特定の要素に基づいて、保留金の額は適切である」との声明を出しています。 アンジェロ・ゴードン、リブレマックス、ゴールドマン・サックス、ロード・アベットの広報担当者はコメントを控えました。 この商業用住宅抵当証券は、ヴェリタス・インベストメンツとバウポスト・グループが2020年にサンフランシスコの60以上のアパートビルに抵当を設定した6750万ドルのローンに裏付けられています。ゴールドマン・サックスはこのローンを商業用住宅抵当証券にまとめました。 2022年と2023年、全米の多くのアパート経営者は現金を出血させる状況に直面しました。過去数十年で最も積極的な連邦準備制度の利上げは、不動産所有者の融資費用を押し上げ、多くの市場で家賃は上昇していたものの利益を吹き飛ばしてしまいました。 これらの逆風の中、ヴェリタスとバウポストは6億7500万ドルのローンをデフォルトにしました。ミッドランドは2022年11月に問題が増大する債務の監視を任されました。ヴェリタスとバウポストはコメントを控えました。 ミッドランドの役割は、ローンから最大限の価値を引き出し、売却や再交渉などの手段を通じて債権者に資金を供給することでした。しかし、アンジェロ・ゴードン、リブレマックス、ロード・アベットは、その価格が低すぎると懸念を表明しました。ミッドランドはなぜこのタイミングで売却を選択したのかは明確ではありませんが、市場のベテランは、ローンがデフォルトした場合、債権者のために最も価値を回収する方法が現在の市場価格でのローンの売却か、価格の改善を待つか、または基礎となる物件の差押えのような他のオプションを追求するかは常に明確ではないと言います。これらの決定は特に評価額が大きく変動する市場で重大な問題となります。 反対意見にも関わらず、ミッドランドはネット収益約5億1300万ドルでローンをブルックフィールドに売却し、ローンの元の価値に対してほぼ25%の損失を生じさせました。ガオンによると、この結果、リスクに最もさらされていた2つのクラス(クラスGノートと一部のクラスFノートを保有する人々)に損失が生じることになります。ブルックフィールドはコメントを控えました。 その後、ミッドランドの保留金は、KrollによってBB-、BBB-、およびA-の評価を受けたクラスE、Dおよび一部のCノートを保有する他の債権者に潜在的な損失をもたらしました。 連邦準備制度の利上げが容易な時代から企業が負担を強いられることを招くだろうとの憶測にもかかわらず、信用市場ではデフォルトの急増は見られていません。シリコンバレー・バンクや他の2つの銀行の崩壊による信用緊縮の恐れが引き起こされ、結果として意外なほど経済が回復した後も心配は薄れました。最近、投資家は連邦準備制度が今年中に利上げを開始すると予想しており、商業用住宅抵当証券の一部では利回りプレミアムが小さくなると要求されており、懸念が和らいでいる兆候です。 しかし、不動産業界では問題が積み重なっています。在宅勤務が当たり前となる中、オフィスビルが半額もしくは1ドルで売りに出されています。より最近では、マルチファミリーアパートセクターでも問題が発生しています。MSCIの報告書によると、昨年の四半期までにこのセクターで潜在的な困難を抱える資産は670億ドルを超え、オフィスセクターの550億ドルの困難を上回りました。 このような蓄積された困難により、ウォールストリートは特にサンフランシスコの住宅債務のポートフォリオのような紛争に敏感になっています。もし金利が高いままであり、さらなる取引が問題に直面する場合、特殊サービサーの活動が注目されるでしょう。 以下は、お客様からの要求に基づいて記事に基づいたFAQセクションを作成しました。 Q: ミッドランド・ローン・サービシズとは何ですか? A: ミッドランド・ローン・サービシズは、債務者支援の仲介業者です。彼らは、債権者の利益を保護するために、ローンから最大限の価値を引き出し、債権者に資金を供給します。 Q: 保留措置とは何ですか? A: 保留措置は、通常は商業用住宅抵当証券などの場合に取られる措置で、債務者支援の仲介業者が特定の取引に関する支払いを一時的に保留することを意味します。 Q: 商業用住宅抵当証券のリスク要因とは何ですか? A: 商業用住宅抵当証券のリスク要因は、サービサーの意思決定や債務者のデフォルトなどの予期せぬ出来事によって、投資家の利益が重大な損害を受ける可能性があることです。 Q: なぜミッドランドは保留金を引き留めているのですか?…