アメリカの住宅所有者は地域によって異なる不動産税を支払う

アメリカの住宅所有者が支払う不動産税の額は、都市や地区のどの側に住んでいるかによって異なる場合があります。アメリカ国勢調査局によると、典型的なアメリカ人は年間に自宅の価値の1.02%を不動産税として支払っています。パンデミック前から、全国的に不動産税が増加しています。不動産業界の分析会社であるCoreLogicの分析によると、2019年から2023年の間に、年間の不動産税の中央値は約25%増加しました。不動産税は公立学校の資金やインフラ修繕、警察などの他のプログラムに充てられます。月々の住宅ローンの一部は不動産税に充てられるため、予算が厳しい場合、高額の不動産税は貯金を難しくするかもしれません。不動産税は州ごとに異なります。不動産税はハイパーローカルな存在です。同じ地域内の似たような住宅でも、立地地によって税金の負担は異なる場合があります。一部の州では不動産税が課税されますが、ほとんどの場合、これらの税金は郡や都市、地区のレベルで課税されます。ニュージャージー州は2023年において、単身者世帯の平均的な不動産税が最も高い州でした。コネチカット州、ニューヨーク州、ニューハンプシャー州、マサチューセッツ州が、最も高額な不動産税の中央値を持つ州として続きます。一方、ウェストバージニア州の住宅所有者は、年間約694ドルの平均的な不動産税を支払っています。州ごとの不動産税の差異は、住宅価格と各州の不動産税率の違いを反映しています。コアロジックの主任エコノミストであるヤンリン・メイヤー氏は先月、「各州では自治体によって不動産税が異なる計算方法があり、地域によって住宅価格と税率が大きく異なることがあります」と述べています。例えば、ウェストバージニア州では、年間平均不動産税は、マクドウェル郡とウェブスター郡が約210ドルから、ジェファーソン郡が約1,856ドルまで幅広くあります。同様に、ニュージャージー州では、2023年の平均的な不動産税は、カンバーランド郡が約4,590ドルから、エセックス郡とバーゲン郡が約11,350ドルまで範囲があります。不動産税が最も高額な郡には、別のコアロジックの分析によれば、ニューヨーク州ウエストチェスター郡が最も高い中央値の$15,373を支払っています。2023年には、最も高額な不動産税請求書を持つ15の15郡中、13郡はニューヨーク市周辺地域にあり、周辺都市や郊外も含まれます。約3分の2のアメリカ人が自宅を所有しており、その住宅の価値は住宅所有者にとって重要な要素です。住宅所有は多くの家庭にとって重要な財産であり、家の価値を知ることで、家族は購入や売却を決めることができます。 記事に基づいたFAQセクション: Q: 不動産税とは何ですか? A: 不動産税は、住宅所有者が支払う税金のことです。不動産税は、公立学校の資金やインフラ修繕、警察などのプログラムに充てられます。 Q: 不動産税はどのように計算されますか? A: 不動産税は、住宅の価値に基づいて計算されます。典型的なアメリカ人は年間に自宅の価値の1.02%を不動産税として支払っています。 Q: 不動産税は州ごとに異なりますか? A: はい、不動産税は州ごとに異なります。税金の負担は、立地地によっても異なる場合があります。 Q: 最も高額な不動産税を持つ州はどこですか? A: 2023年において、ニュージャージー州が単身者世帯の平均的な不動産税が最も高い州です。コネチカット州、ニューヨーク州、ニューハンプシャー州、マサチューセッツ州も高額な不動産税の中央値を持つ州として挙げられます。 Q: 不動産税の差異はどのように起きますか? A: 不動産税の差異は、住宅価格と各州の不動産税率の違いを反映しています。また、同じ地域内でも立地地によって税金の負担が異なります。 Q: アメリカのどの地域に最も高額な不動産税請求書が多いですか? A: コアロジックの分析によれば、ニューヨーク州ウエストチェスター郡が最も高い中央値の不動産税を持つ郡です。ニューヨーク市周辺地域や周辺都市、郊外も高額な不動産税の請求書を受け取っています。 重要な用語の定義: - 不動産税(ふどうさんぜい):住宅所有者が支払う税金のことで、公共のプログラムの資金として使用される。 関連リンク:…

Hidden History: The Intriguing Story behind a Storied NYC Townhouse

この壮大な一戸建て住宅は、ニューヨークの不動産市場で最も謎めいた物件の一つと言えるでしょう。この歴史ある建物には、数十年にわたる鬱屈とした物語が秘められています。現在の価値は2億4990万ドルと評価されており、鑑賞価値だけでなく、その深遠な過去にも魅了されるかもしれません。 この物件は、昔から芸術家や文化人に人気がありましたが、彼らの創造性と情熱は、時折深い鬱屈と結びついていました。この建物に住むことで、多くの芸術家たちは創造的なエネルギーを高めた反面、苦悩や孤独感を感じることも多かったと言われています。 一戸建て住宅の内部には、過去の住人たちの痕跡も見受けられます。落書きやメモ、未完の作品などが残されており、一瞥するだけでその人たちの感情や思考が伝わってきます。これらの痕跡は、物件の魅力の一部として、購入者にとっても独特な魅力になることでしょう。 この建物には、何世代にもわたるボヘミアンたちの物語が詰まっています。その多くは、芸術家や作家、音楽家など、革新的なアーティストたちでした。彼らはこの場所を自分の創造の拠点とし、時には人生の苦難や悲哀を経験しました。この物件自体が彼らの表現の一部となり、彼らの作品に反映されることもあったのです。 この壮大な一戸建て住宅は、過去の鬱屈とした歴史を持ちながら、現在の価値と融合しています。購入者にとっては、ただの物件以上のものを手に入れることになるでしょう。それはニューヨークの文化と芸術の歩みに触れることであり、過去の鬱屈に新たな魅力を見いだすことでもあります。 この記事では、ニューヨークの不動産市場で最も謎めいた物件の一つである壮大な一戸建て住宅について紹介されています。この建物は、数十年にわたる鬱屈とした物語を秘めており、現在の価値は2億4990万ドルと評価されています。 この物件は、昔から芸術家や文化人に人気がありましたが、彼らの創造性と情熱は、時折深い鬱屈と結びついていました。多くの芸術家たちはこの建物に住むことで創造的なエネルギーを高める一方で、苦悩や孤独感も感じることが多かったと言われています。 内部には、過去の住人たちの痕跡も見受けられます。落書きやメモ、未完の作品などが残されており、一瞥するだけでその人たちの感情や思考が伝わってきます。これらの痕跡は、物件の魅力の一部として、購入者にとっても独特な魅力になることでしょう。 この建物には、何世代にもわたるボヘミアンたちの物語が詰まっています。彼らは芸術家や作家、音楽家などの革新的なアーティストであり、この場所を自分の創造の拠点として利用しました。彼らは時には人生の苦難や悲哀を経験し、この物件自体が彼らの表現の一部となり、作品に反映されることもありました。 この壮大な一戸建て住宅は、過去の鬱屈とした歴史と現在の価値が融合しています。購入者にとっては単なる物件以上のものを手に入れることになります。それはニューヨークの文化と芸術の歩みに触れることであり、過去の鬱屈に新たな魅力を見いだすことでもあります。 以下は本記事の主要なトピックと情報に基づくFAQセクションです。 Q: この一戸建て住宅はどのくらいの価値があるのですか? A: 現在の評価額は2億4990万ドルです。 Q: この建物に住んだ芸術家たちはどのような経験をしましたか? A: 芸術家たちは創造的なエネルギーを高める一方で、苦悩や孤独感も感じることが多かったと言われています。 Q: 内部にはどのような痕跡が残されているのですか? A: 落書きやメモ、未完の作品などが残されており、過去の住人たちの感情や思考が伝わってきます。 Q: この建物についてどのような物語が詰まっているのですか? A: 何世代にもわたるボヘミアンたちの物語が詰まっており、彼らの表現の一部が建物となり、作品に反映されています。 Q: 購入者にはどのような魅力があるのですか? A:…

San Francisco Home Sellers Face Losses Amidst Fluctuating Housing Market

サンフランシスコでは新しい報告書によると、2022年2月末までの3か月間において、約5人に1人の不動産売主が不利益を被っていることが判明しました。オンライン不動産仲介業者のRedfinによると、これは米国内の他の都市よりも不利益を被る不動産売主の割合が高いことを示しています。 この割合は約20%にものぼり、国内の不利益を被る不動産売主の割合(4.3%)の4倍以上です。サンフランシスコでは、不利益を被って自宅を売却した一般的な家主は、購入価格から15万5000ドルも低い価格で売却することになりました。 これは国内の中央値の損失額(3万9912ドル)を大幅に上回っています。 なぜサンフランシスコ湾を横断する家が浮かんでいるのでしょうか? サンフランシスコとその周辺地域は、米国内で最も高価な不動産市場が続いています。しかし、レポートによると、多くのサンフランシスコの不動産売主は、パンデミック中にピーク時の価格で住宅を購入しました。 SFの住宅の中央売却価格は、2022年4月に166万ドルと最高値を記録しましたが、それ以降15%減少し、141万ドルになりました。 Redfinによると、「超低金利の住宅ローンの影響で住宅市場が過熱していた2021年または2022年のほぼすべての時点でサンフランシスコで購入した一般的な人は、年初の数か月間に売却した場合、損失を被ることになったでしょう」と述べています。 方法論 Redfinの報告書は、米国内で最も人口の多い50の都市の郡の記録とMLSデータの分析に基づいています。 当該記事に基づいて以下のようなFAQセクションを作成します。 Q: サンフランシスコの不動産売主の中になぜ不利益を被っている人が多いのですか? A: レポートによると、多くのサンフランシスコの不動産売主は、パンデミック中にピーク時の価格で住宅を購入したため、現在の市場価格では低い価格で売却することになっています。 Q: サンフランシスコの不動産売主の割合は他の都市と比べてどの程度高いのですか? A: Redfinによると、2022年2月末までの3か月間において、約5人に1人の不動産売主が不利益を被っています。これは米国内の他の都市よりも不利益を被る不動産売主の割合が高いことを示しています。 Q: サンフランシスコで購入した一般的な人はどの程度の損失を被っているのですか? A: サンフランシスコで不利益を被って自宅を売却した一般的な家主は、購入価格から15万5000ドルも低い価格で売却することになっています。 Q: Redfinの報告書はどのような方法論で行われていますか? A: Redfinの報告書は、米国内で最も人口の多い50の都市の郡の記録とMLSデータの分析に基づいています。 主要な用語の定義: - 不動産売主: 不動産物件を所有し、売却を行う個人や企業のこと。…

最も高価な住宅地域はどこですか?

アメリカで典型的な住宅を購入するためには、6桁の収入が必要です。特に西部地域では、161,571ドルが必要とされ、全国で最も高価な地域となっています。カリフォルニアの一部の都市では、さらに高額な収入が必要とされています。全米不動産協会の最新レポートによれば、典型的な一戸建て住宅を購入するには、200,000ドル以上の収入が必要とされています。 NAR(全米不動産協会)の四半期レポートによれば、221の都市圏調査結果から、サンノゼ地域で家を購入するには468,252ドルの収入が必要です。これは全米で最も高額な地域となっています。資格を得るためには、収入が200,000ドルを超える10の他の都市圏よりもさらに高く設定されています。以下は、最も高価な市場の一部です。 - サンノゼ・サニーベール・サンタクララ、カリフォルニア:468,252ドル - アナハイム・サンタアナ・アーバイン、カリフォルニア:347,651ドル - サンフランシスコ・オークランド・ヘイワード、カリフォルニア:334,676ドル - ホノルル、ハワイ:286,093ドル - サリナス、カリフォルニア:265,895ドル - サンディエゴ・カールスバッド、カリフォルニア:249,228ドル - オックスナード・サウザンドオークス・ヴェンチュラ、カリフォルニア:245,269ドル - サンルイスオビスポ・パソロブレス、カリフォルニア:244,011ドル - ロサンゼルス・ロングビーチ・グレンデール、カリフォルニア:236,601ドル - ボルダー、コロラド:227,237ドル - ネイプルズ・イモカリー・マルコアイランド、フロリダ:201,983ドル カリフォルニアでは長期にわたり住宅不足が続いています。需要は州内での住宅建設の年間割合を大幅に上回っています。パンデミック初期の低金利とカリフォルニアへの住宅需要の増加により、過去4年間で価格が40%上昇しました。富裕層の一部は、サンノゼ、サンフランシスコ、アナハイムなどの都市に住んでいます。RealtyHopの調査によれば、エクスクルーシブなエンクレーブであるアサートンは、数年にわたり全米で最も高価な郵便番号地区です。 一方、アメリカ全体で典型的な住宅を購入するためには、資格を得るためには収入が103,835ドル必要です。中西部や南部では、それぞれ74,967ドルと95,511ドルの収入で充分です。 NARは各都市圏の特定の収入を、中央値の販売価格、20%の頭金、7.37%の金利に基づいて計算しています。月々の元金と利子の支払いは、家計収入の25%に制限されています。 もし仕事の外で追加収入を得たい場合は、CNBCのオンラインコース「How to Earn…

Building Success: Lessons from a Real Estate Veteran

成功を築く:不動産のベテランからの教訓 不動産業界のベテランであり、シリアルアントレプレナーとして、私は嵐に耐え、失敗に直面し、成功の輝きを堪能してきました。50年以上にわたるビジネスの経験を活かし、私は自分の旅を元にした教訓をまとめ、『The Perfect 10』という新しい本で若手起業家と共有しています。この本で、私はリーダーシップと起業家精神の本質について掘り下げ、RE/MAXの共同創設者としての私自身の旅から学びを得ています。それは単に不動産についてではなく、いかなる分野においても、強靭さ、適応力、そして卓越を追求することについてのものです。 私が論じる重要な原則の一つは、"完璧な10"という概念です。体操競技における完璧なスコアのように、ビジネスでの卓越を達成するには、献身、忍耐力、そして継続的な改善への取り組みが必要です。私の本では、顧客満足度を測るためにネットプロモートスコアを使用し、優れたサービスとクライアントの忠誠心を反映する完璧な評価を追求した方法について共有しています。 ただし、指標以上に、真の成功はリーダーシップと適応力にかかっています。私は自分自身を「ストリートファイター」と形容してきましたが、逆境に対する執念と強靭さの重要性を強調しています。ビジネスでも人生でも、挫折や困難に直面することは避けるべきではなく、むしろ正面から取り組み、それぞれの経験から学び成長するべきです。 私が学んだ重要な教訓の一つは、適切な人々との関わり方の重要性です。 優れた人材の雇用や強力なサポートネットワークの構築であれ、成功は孤立して達成されることはめったにありません。自分自身の旅を振り返ると、私の成功の多くは、私に寄り添ってくれた献身的な人々に帰することができます。 今日の世界では、起業への伝統的な道筋は、大学教育、MBA取得、業界経験の数年といったものです。しかし、私のように大学中退者もいるように、大学の講堂ではなく、人生の厳しい経験を通じて学んだ人々もいます。 私は学位や資格ではなく、執念、決意、そしてあらゆる経験から学ぶ意欲によって成功を収めました。そのような瞬間の一つは、1970年代初頭、私がRE/MAXの最初の従業員としてゲイルを雇った日です。私たちはその日を誇りに思い、それを創業日と称しています。 自分自身の強みと弱みを知ってバランスを実現する ゲイルは大学教育を受け、マーケティングのバックグラウンドを持っており、私の起業ビジョンに相応しい専門知識とプロフェッショナリズムをもたらしました。共に、私たちは相互の尊重、理解、そして卓越への共有のコミットメントを土台にした、ダイナミックなパートナーシップを築きました。RE/MAXの設立から11年後、私たちは誓いを交わし、正式にライフパートナーとなりました。 ゲイルとのパートナーシップから学んだ重要な教訓の一つは、ビジネスと個人の関係の両方において、バランスと相互の尊重の重要性です。お互いの強みと弱みを理解し、責任を適切に分担し、互いを成功に導くことができました。 成功も失敗もあらゆる経験から学ぶ 私のキャリアの中で、私は壮大な成功と謙虚な失敗の両方を経験しました。それぞれは私のビジネスと人生のアプローチを形作る価値ある教訓を提供しました。最も大きな成功は、間違いなくRE/MAXの創設と成長にあります。それはビジョン、決意、そしてチームワークの力の証でした。 1970年代にRE/MAXを始めたとき、業界からの懐疑的な見方と抵抗に直面しました。しかし、私たちは不動産市場の革新、エージェントの力を与え、顧客に対する比類ないサービスを提供するというビジョンを信じていました。執念と忍耐力によって、私たちはRE/MAXを世界的な強者に育て上げ、世界中のオフィスとエージェントを持つ企業に変えました。 しかしながら、勝利の中には個人的な挫折もありました。最初の結婚は失敗に終わり、成功への執念とビジネス帝国の構築の要求が原因でした。それは時間管理の重要性と本当に重要なことを優先することを学ぶ苦い教訓となりました。 RE/MAXの成長に自己を捧げる中で、私は自分の人生で最も重要な部分を無視していることに気付きました-家族です。私の子供たちは私なしで成長し、私の結婚生活も私の野心の重荷の下で崩れていきました。これは私の優先順位を再評価し、何らかの困難な決断を行うように迫る目覚めのコールでした。 最初の結婚が離婚に終わった後、私は子供たちのために時間を作り出し、彼らの生活に立ち会い、過去の過ちを修復するために努力しました。 簡単ではありませんでしたし、心構えと行動の大きな変化を必要としました。しかし、献身と忍耐力によって、私は関係を再構築し、家族とより強い、より充実した絆を築くことができました。 真の成功は、プロの成果だけでなく、個人的な成就と幸福を包括するという貴重な教訓を学びました。 不動産業界の将来 今日の急速に変化するビジネスの風景では、適応力がいつも以上に重要です。例えば、COVID-19パンデミックは企業が想像もしなかった方法で転換し、革新するように迫りました。成功したのは、最も大きな企業や最も確立された企業ではなく、最も俊敏で資源に恵まれた企業でした。 不動産業界の将来を見据えると、変化と革新を受け入れることを意思を持つ人々には非常に大きな機会があると考えています。技術は、住宅の購買や販売の方法を根本的に変え続けており、エージェントやブローカーにとって新たな課題と可能性を提供しています。AIやデータ分析、デジタルマーケティングの力を活用できる人々が、競争力を持つことでしょう。 しかしながら、あらゆる技術の進歩の中で、人の要素が最も重要であると私は信じています。不動産は、信頼、コミュニケーション、共感に基づく究極的には人々のビジネスです。エージェントやブローカーにとって、成功は最終的にはお互いを理解し、協力する能力にかかっているのです。 成功を築く:不動産のベテランからの教訓 記事の要点と情報に基づいてFAQセクションを提供します。 Q: 著者は何を共有しているのですか? A:…

賃貸派の台頭が止まらない:アメリカの都市部で賃貸が購入を上回る

アメリカの最大都市圏の全50都市で、賃貸が住宅の購入を上回るというマイルストーンが達成されました。不動産情報サイトRealtor.comの新しいレポートによれば、昨年は50都市のうち45都市で賃貸派が勝っていましたが、その5都市が今回の調査では逆転したとのことです。逆転を果たしたのは、テネシー州メンフィス、アラバマ州バーミングハム、ピッツバーグ、セントルイス、そしてボルチモアです。 2022年8月にピークを迎えた時点で、これらの都市圏の中央値賃貸料は1,708ドルでしたが、2月時点ではその額から50ドル減少しています。過去7ヶ月間、賃貸料は年々減少し続けています。一方、住宅価格は上昇しており、これにより該当の都市圏で購入する場合、スターターホームの場合月に1,027ドル以上の追加費用がかかることになります。この追加費用は1年間で162ドル増加しているとのことです。 この報告書は、アメリカの都市部において賃貸派が増え続けている現象を明確に示しています。年々増え続ける住宅価格により、住宅の購入はますます困難になっています。これにより、賃貸物件がより魅力的な選択肢となり、人々は所有よりも賃貸を選ぶ傾向にあります。 住宅市場におけるこの変化は、若者世代や移動頻度の高い人々にとっては特に重要です。賃貸物件のメンテナンスや固定費の予測のしやすさなど、賃貸派が増える要因は多岐にわたります。一方で、住宅の購入は将来の資産形成や安定した居住を追求する人々にとっては依然として魅力的な選択肢であり続けています。 賃貸派が増加する一方、住宅市場はさらなる変化に向けて進化を続けることでしょう。今後も住宅価格や賃貸料の動向に注目が集まり、人々が最適な住宅選択を行うための情報がますます重要となっていきます。 記事へのFAQセクション: Q: どの都市で逆転が起こりましたか? A: メンフィス、バーミングハム、ピッツバーグ、セントルイス、ボルチモアの5つの都市で逆転が起こりました。 Q: 賃貸料金は過去何ヶ月間でどの程度減少しましたか? A: 過去7ヶ月間で賃貸料金は減少しており、2月時点で中央値賃貸料金は1,708ドルから50ドル減少しました。 Q: 住宅価格はどのように変化しましたか? A: 住宅価格は上昇しています。購入する場合、スターターホームの場合には月に1,027ドル以上の追加費用がかかるようになりました。 Q: 賃貸派が増える理由は何ですか? A: 住宅価格が上昇し、住宅の購入が困難になっているため、賃貸物件がより魅力的な選択肢となっています。賃貸物件のメンテナンスや固定費の予測のしやすさなど、賃貸派が増える要因は多岐にわたります。 重要な用語や専門用語の定義: 1. パイクピーク: 専門的な説明:ピーク時点とは、何かの最高または最大の状態を指す言葉です。 2. 中央値賃貸料: 専門的な説明:中央値賃貸料とは、賃貸物件の料金の中央値を指す言葉です。つまり、全ての料金を昇順に並べ、中央に位置する値を指します。 3.…

ニューヨーク市の小売り業界は第1四半期に緊密化

ニューヨーク市の小売り業界が第1四半期に緊密化しているというデータが明らかになりました。クレインズによると、1月から3月の間に小売りスペースのうち平均で15.4%しか利用可能なスペースがありませんでした。これは、市場について四半期ごとに発表しているJLLのデータに基づいています。 この四半期、212箇所の小売りスペースが利用可能でしたが、前の四半期の219箇所に比べてわずかに減少しました。 一方、パンデミックの最中の市場と比較すると、その差は顕著です。2021年には、利用可能率は28%を記録しました。市場はパンデミック前よりもさらに緊密化しています。2018年の平均利用可能率は21%でした。 この市場の変化が一番顕著なのは、マディソンアベニューの57丁目と72丁目の間です。この有名な通りの利用可能率は5.9%にまで低下し、過去最低となりました。JLLのパトリック・スミスは、「高級ブランドと高級品の力強さ、そして家賃が割引されているという市場の認識」がこの通りの成績に寄与していると述べています。 一方、市内の一部地域では利用可能率が増加しました。ナインスとテンスの間、14丁目とギャンソートの間のミートパッキング地区では、年間で利用可能率が6ポイント増加し、30.6%になりました。利用可能率が最も高かったのはヘラルドスクエアで、35.2%でした。 5番街アッパー地域とタイムズスクエアの平均家賃は年間で上昇しましたが、ほとんどはマンハッタン内の他の地域では減少しました。第1四半期の平均家賃は1平方フィートあたり537ドルで、前の四半期からも減少しました。 また、アッパー5番街は先月においてもっとも高い家賃を誇っており、1平方フィートあたり2,163ドルでした。一方、ソーホーは281ドルで最も低い家賃でした。 報告書にはブルックリンのウィリアムズバーグ地区も含まれており、平均家賃は1平方フィートあたり303ドル、利用可能率は9.6%でした。 記事のメイントピックと情報に基づいて、以下のようなFAQセクションを提供します。 Q: ニューヨーク市の小売り業界は第1四半期にどのような状況でしたか? A: データによれば、ニューヨーク市の小売り業界は第1四半期に緊密化しました。利用可能な小売りスペースの割合は平均で15.4%でした。 Q: このデータはどの組織によって提供されたものですか? A: データはJLLという組織によって提供されました。 Q: 利用可能な小売りスペースは前の四半期に比べて減少しましたか? A: はい、前の四半期に比べてわずかに減少しました。前の四半期では219箇所の利用可能なスペースがありましたが、現在は212箇所です。 Q: パンデミック前と比較して、小売りスペースの利用可能率にはどのような変化がありましたか? A: パンデミック前の利用可能率は28%でしたが、現在は15.4%です。市場はより緊密化しています。 Q: 利用可能率が最も低い地域はどこですか? A: マディソンアベニューの57丁目と72丁目の間の地域で、利用可能率は5.9%です。 Q:…